静岡のHP屋コラム

2019.06.23

店舗向け販促ツール「LINE公式アカウント」のススメ ~機能編~

2019年4月18日から統合されたLINE公式アカウント、実はLINE@と比較し無料でできることがかなり増えているのです。LINE@にて無料でできたことは、限られた回数のメッセージ配信とタイムライン投稿でした。今回は、LINEで公式アカウントで無料で使える機能をご紹介します。

1メッセージ機能 (月1,000通)

LINE公式アカウントを友だち追加したユーザーに対してメッセージを送ることができます。一人ひとりのユーザーに合わせてメリットのあるメッセージを送ることで、高い誘導効果が期待できます 。

2チャット機能

ユーザーとメッセージでチャットを行うことが可能です。LINE@ の時よりも機能が拡充され、複数のユーザーを含んだグループでのチャット対応も可能になりました 。

3リッチメッセージ機能

リッチメッセージとは、画像やテキスト情報を1つのビジュアルにまとめ、簡潔でわかりやすい訴求が実現できる機能です。通常のテキストメッセージよりも高い誘導効果が見込めます。

4リッチメニュー機能

リッチメニューは、LINE 公式アカウントのトーク画面をユーザーが訪れた際、画面下部に大きく開くメニューです。メニュー内をタップすると、外部サイトへの誘導や事前に設定したキーワードの送信などを促すことができます。

5ショップカード機能

商品購入やサービス利用・来店などのインセンティブとして、デジタルのポイントをLINE 上で発行・管理できる機能です。

6クーポン・抽選機能

LINE上で使用できるクーポン・抽選が作成できます。作成したクーポンや抽選はメッセージ・タイムラインなどで配信・投稿が可能です。

7タイムライン機能

タイムラインに投稿ができます。友達に「いいね」や「シェア」をしてもらうことにより、その友達の友達にもタイムラインが表示され、情報の拡散が期待できます。

8リッチビデオメッセージ機能

リッチビデオメッセージは、自動再生される動画をメッセージとして送ることができる機能です。縦型・横型・正方形など様々な動画形態に対応しており 、縦型動画ならトーク画面を専有するリッチな動画表現が可能となります。加えて遷移先を設定することで、動画視聴を経たユーザーを外 部サイトに誘導することも可能です。

9セグメントメッセージ機能

ターゲットリーチ数(友達数)が100人を越えるとセグメント配信をすることが可能になります。属性表示では、性別・年代・居住地域が行え、セグメント配信では性別・年代・OS・居住地域・友だち経過日数等が選択できます。

10分析機能

メッセージ・友だち数・タイムラインなどの統計情報をダッシュボードとしてみることができます。例えばメッセージ配信に対してのクリック数や、友達の増減、ユーザーのリアクション(いいね数・コメント数・共有数)が確認できます。

このように、今まで無料ではできなかったことが、沢山できるようになっています。まずは、触ってみるのが先決ですよ!

ホームページ応援隊 訪問対応エリア

静岡市・沼津市・三島市・駿東郡(清水町・長泉町・小山町)・富士市・富士宮市・裾野市・御殿場市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・熱海市・焼津市・藤枝市・函南町

その他の地域の場合でもご訪問可能な場合がございます。
ご希望の方は、お気軽にご相談ください。