静岡のHP屋コラム

2018.03.27

「Googleで購読」!これからはニュースサイトはGoogleアカウントで見る?

Googleは3月20日(アメリカ時間)に「Subscribe with Google(サブスクライブ ウィズ グーグル)」という新しいサービスの発表がありました。

英語名だと何のことかわかりづらいですね。日本語では「Googleで購読」という名称で、Googleアカウントでいろいろなニュースサイト(メディア)への購読申し込みができるというサブスクリプションサービス(※)です。

今までは、ニュースサイトAとニュースサイトBのサービスを利用しようとした場合、それぞれのサイトでアカウント登録(メールアドレス、決済口座情報、パスワード等)が必要ででした。

今回発表された「Googleで購読」を利用した場合はニュースサイトAとBに対して、既存のGoogleアカウントでログインできるようになるといったサービスです。

それぞれのサイトで入力するのはGoogleアカウントだけ、Googleアカウントさえあれば今までサイト毎に行っていたアカウント登録作業が不要になります。

もちろん、利用料金の決済もGoogleアカウントに登録された情報からまとめて支払われます。

※サブスクリプションサービス・・・「定額制」と同じような意味で商品個数やサービス回数ではなく、利用期間に対して料金が発生するサービスです。

「Googleで購読」は登録作業が楽になるだけじゃない

①デバイスに依存しない

各サイトにGoogleアカウントを使うことで発生する効果は、アカウント登録が楽になるだけはありません。

Googleアカウントを利用している人はご存知だと思いますが、Googleアカウントにログインしていればスマホ・タブレット・パソコン それぞれで閲覧したWebサイトの情報などが同期されています。そのおかげでデバイスが変わってもシームレスにサイトを閲覧できます。

今回の「Googleで購読」も同じようにデバイスが変わっても、サイト毎のログイン作業なしに購読しているコンテンツを閲覧することができます。

②検索結果も最適化される

Googleで何かを調べたときに知らいないサイトが上位に表示されるより、自分が信頼しているサイトの情報が上位に出てきたほうがうれしいですよね?「Googleで購読」のサービスではこの機能も実現されます。

ニュースサイトを購読しているということは、そのサイトが発信する情報に関心がある・信頼しているということです。そこで購読しているサイトの情報は優先的に関連ニュースとして表示されたり、購読しているサイトの記事のみを絞り込むといった機能もあります。

これは閲覧者にとっても、ニュースを発信しているサイトにとってもうれしい機能ですね。

ニュースだけじゃない?今後の「Googleで購読」に期待!

まだ、発表されたばかりのサービスなので利用できるニュースサイト(メディア)は少ないですが今後増えていくことが予想されます。ちなみに日本からは毎日新聞がすでに参加しています。

現在はニュースサイトがメインですが、ニュース以外でもサブスクリプション契約のものであれば横展開できそうなサービスですね。

現代人は、Googleアカウント・Facebookアカウント・Instagramアカウント・アマゾンアカウント・・・・などなどいろいろなアカウントを持っていると思います。それぞれのIDやパスワードを管理するだけでも大変です。パスワードを忘れたという声もよく聞きます。

それがGoogle一つのアカウントでいろいろなサービスを利用できるようになればユーザの負担はすごく楽になるのではないでしょうか?

「Googleで購読」のサービスが発展してGoogleアカウント一つで何でもできる未来に期待ですね。

■Googleの公式情報はこちらをご確認ください。
Google ニュース イニシアティブ

ホームページ応援隊 訪問対応エリア

静岡市・沼津市・三島市・駿東郡(清水町・長泉町・小山町)・富士市・富士宮市・裾野市・御殿場市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・熱海市・焼津市・藤枝市・函南町

その他の地域の場合でもご訪問可能な場合がございます。
ご希望の方は、お気軽にご相談ください。